ダンス大好き小学生の『フラメンコ・ジュニア精鋭クラス』3月体験会

小学生のママやおばあちゃん世代が受講する大人クラスは、3/12から春の体験会がスタートします。
ダンス大好き!音楽大好き!の小学生も大人に負けず、春から「フラメンコ」にチャレンジしてみましょう(^▽^)/

岡島久子フラメンコ教室/大阪校『フラメンコ・ジュニア精鋭クラス』は、3月体験の後「4月~8月の5ヶ月コース」です。
まずは「5ヶ月限定でフラメンコに挑戦!」と考えてみてください。
人生後年になればなるほど、小学生時代の経験の貴重さに気づくことでしょう。
子供の頃に会得したことは、大人になってからも消えずに残るものですね。

 

フラメンコを始めるのに適齢期はないものの、脳と身体が凝り固まっていない子供時代にレッスンスタートすれば、素直にするりと受け入れられること、間違いありません。
また、「メンタル強化のためには、伝統芸能を習って家庭や学校と違った価値観や時間軸を経験するのが近道。」だそうです。
目上の師匠(先生)から、時に理不尽とも言える稽古をつけてもらうこと(=こんなはずではない体験)が「情緒性」を育み、心身のバランス取りながらメンタルを強くするのだとか。
確かに、幼少期から芸事のお稽古づけの私は、並々ならぬ強靭なメンタルを持ち合わせています…笑

 

ダンスが好き!音楽が好き!な小学生の皆さん、
情熱の国スペインの踊り「フラメンコ」にチャレンジしてみませんか?
ステージ出演を目標にがんばろう☆彡OLE

岡島久子フラメンコ教室/大阪校:天満駅前スタジオ
■フラメンコ・ジュニア精鋭クラス ~世界基準の人材育成~
3月開催『2019春期生体験会』参加受付中!
体験後に入会を強いることはありません。どうかご安心を。

「Lesson ジュニア精鋭クラス」

 

ブルーのフラメンコ衣装を着たアンダルシアの少女 スペインのフラメンコ衣装の写真

 

『フラメンコ・ジュニア精鋭クラス』では、フラメンコ舞踊の修練を通して健全な心身育成を目指します。
‘精鋭’と題したクラスですが、1期5ヶ月制につき「期間限定でフラメンコに挑戦!」と気楽にお考えください。
なお、‘ステージ出演’はフラメンコ用の小ステージ(タブラオ)を予定しており、出演はあくまで自由。
お子さんの興味や習得状況により、フレキシブルに対応します。

「観る・聴く・感じる・演じる」ことの重要性と、イベント実施方針↓↓
 習うなら「フラメンコライブを観よう」「イベント出演してみよう」

 

『フラメンコ・ジュニア精鋭クラス』は、フラメンコという狭い道限定コースではありません。
学びのテーマはフラメンコながら、健全な心身・見識・マナー等を身につける「広い視野での情操教育」です。
これからの国際社会を生きていくには、日本限定の思考や常識では間に合わなくなります。
または、日本規格しか通用しない人として取り残されますね(~_~;)汗

 

スペインアンダルシアの闘牛の看板のある風景 岡島久子フラメンコ教室発表会@大阪梅田で踊るキッズ生徒と岡島久子の写真

 

お子さんを‘世界で活躍できる人’にしたい保護者の方へ;
フラメンコは、世界で最も難しい芸能ジャンルの一つと言われています。
それを制すれば、他の何事にも活かせる‘自信と経験’が得られます。
『フラメンコ・ジュニア精鋭クラス』は、フラメンコダンサー育成という狭義のみならず、経営者・海外赴任・CA・モデル… 世界規模の人材育成のための特別コースです。
海外経験豊富&企業様依頼のイベントを多数手がける現役舞踊家、“フラメンコアーティスト岡島久子”が直接指導!
舞踊技術はもとより、美しい立ち居振る舞いやマナー・知識見識まで広く身につけます。

 

「フラメンコ・ジュニア精鋭クラスの受講で、こんな良いことが!」

●フラメンコ習得を通して「健全な心身」(メンタルと外見)を育む。
●異文化フラメンコを学び、「広い見識と視野」を養う。
●自己主張必要なフラメンコ芸能により、「物怖じせずアピール」できる人に。
●フラメンコで培うリズム感・身体能力は「語学力や行動力」の素地になる。
●舞踊界のしきたりや上下関係から「社会で必要な接遇マナー」を知る。
●フラメンコの「特技がある」ことで、端的に進学や就職に有利。
●ステージ出演を成し遂げた自信は、人間形成に不可欠な「自己肯定感」に直結する。

「ジュニア精鋭クラス」募集要項&体験会詳細

 

「芸は身を助く!あなたのお子さんを世界基準に!ご応募お待ちしています。」 岡島久子 プロフィール

フラメンコダンサー岡島久子(教室ロゴ入り白黒) スペインのフラメンコポストカード黄

 

ジュニア精鋭クラス 体験会参加のお申し込み・お問い合わせは…
「Lesson ジュニア精鋭クラス」のページをご参照の上、
「Contact お問い合わせ」のフォームからどうぞ!
Homeに戻る