なんとっ、購入希望者現る!『岡島久子がモデルのフラメンコ絵画』

『岡島久子がモデルのフラメンコ絵画』がご覧いただける絵画展を、過日お知らせしました。
詳しくはこちらの記事をご参照ください↓↓
 岡島久子がモデルのフラメンコ絵画、神戸市&三木市で展示中!

その神戸市のほう、兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー で開催された絵画展に出品の『岡島久子がモデルのフラメンコ絵画』が売れたそうです!驚

 

作者の画家「和田依子先生」から「大変!売れたのよーっ!」と興奮の連絡がありました。笑
販売ありきの画廊展示と違い、今回は美術館での一般展示。
もちろん価格表示などありません。
長年絵画に携わる和田先生いわく、こういった絵画展で絵が売れることは「まずない」とのこと。
他にも画家先生方の秀作が数百点と居並ぶ中、なぜに私がモデルの絵が選ばれたのか… ミラクルです(◎_◎;)

 

「跳・躍・奏」の3部作は、画家「和田依子先生」が「フラメンコダンサー岡島久子をモデル」に描いた等身大のシリーズ絵画です。
絵画モデル依頼の経緯はこちらの記事をご参照ください↓↓
 高名な画家先生から『フラメンコ絵画モデル』のご依頼がありました!

上記絵画展には「躍」と「奏」の2枚が出品されました。
その「躍」を購入してくださったのは遠方から絵画展に訪れた男性で、和田先生も私も見ず知らずの方。
絵に描かれた‘手’が気に入って、できれば「奏」も欲しいと口にされていたそうです。
確かに和田先生は「手が難しい…」と制作中しきりにおっしゃっていました。
私の手首と指が柔軟なために「どうなっているのかわからない…」と頭を抱えておられましたね。
その苦労の甲斐あって、‘手’に魅了されるお客様が現れたのでしょう。

 

モデルの私としては、人様のお宅に自分が生き写しの等身大絵画があるなんて恥ずかしい限り(/ω\)
感情むき出しで踊るのは何ともないのに… おかしなものです。
購入者様にお話し伺ってみたいなぁ。
何事もデジタルやウェブの時代に、巨大な油絵を個人購入されるなんて、それだけでも興味そそられますよね。笑

3作中最大の「跳」は、去る8/18グランフロント大阪で開催の「岡島久子フラメンコライブ2017」で展示紹介させてもらいました!
↓↓左の私の姿と比較して、いかに大きい絵か、おわかりいただけると思います。

大阪梅田フラメンコライブで展示の岡島久子がモデルのフラメンコ絵画

大阪梅田フラメンコライブで展示の岡島久子がモデルのフラメンコ絵画

「岡島久子フラメンコライブ2017」ステージ写真はこちら↓↓
 岡島久子フラメンコライブ「フォトギャラリー1」
 岡島久子フラメンコライブ「フォトギャラリー2」

 

作品「跳」は、以下の絵画展でご覧いただけます↓↓

兵庫県立三木山森林公園「森の風美術館」特別企画
和田依子 作品展 -愛- →作品「跳」を展示
2017.10/5(木)~10/31(火)
AM10:00~PM5:00 ※最終日はPM4:00まで, 水曜休館
●和田依子トークショー 10/14(土) PM2:00から
兵庫県立三木山森林公園「森の風美術館」
入場無料!
⇒詳しくは 三木山森林公園WEBサイト をご覧ください。

画家和田依子作品展の案内状

 

「和田依子 作品展 -愛-」は、先生の代表作のすべてを集結!
10/14(土)のギャラリートークは、和田先生のトークショーです。
「三木山森林公園」は自然を満喫できる癒しの施設で、準備に訪れた和田先生自身「兵庫県にもこんなに緑美しいところがあるのだなぁ」と感慨深かったとおっしゃっていました。

お近くにお住まいの方、‘芸術の秋’と行楽を兼ねてお出かけの方、ぜひ上記絵画展にお立ち寄りを!
『岡島久子がモデルのフラメンコ絵画』実物の迫力を、その目で確かめていただけると嬉しいです。
もし作品「跳」も売れたら… 嬉しいような寂しいような複雑な心持ちです(+_+)
先生にぜひまた、私がモデルのフラメンコ絵画を生み出してもらいましょう!笑

 

絵画モデルのような、フラメンコに関するご依頼・お問い合わせ大歓迎!
プロのフラメンコダンサーの知識・技術・経験が活かせる仕事、
「〇〇は可能?」「費用は?」など、どうぞ気軽にお問い合わせください。
「Topics 岡島久子の話題」のページに、ご依頼例を掲載しています。

 

「岡島久子のフラメンコで、わくわくドキドキ心躍る時空間を!
ご依頼・お問い合わせ、心よりお待ちしています。」

岡島久子 プロフィール

大阪梅田フラメンコライブでソレアを踊るフラメンコ舞踊家岡島久子の写真 大阪梅田フラメンコライブでソレアを踊るフラメンコ舞踊家岡島久子の写真

 

フラメンコに関するご依頼・お問い合わせは…
「Contact お問い合わせ」のフォームからどうぞ!!
Homeに戻る