フラメンコで健康美!「私はこうして体調体型をキープしています。」

フラメンコ練習生には、フラメンコの技術習得と並行して「健康」「姿勢」「ダイエット」「アンチエイジング」等、身体・容姿容貌の維持改善を目指している方が多いと思います。
また、高齢化社会かつ女性の活躍台頭目覚ましい今、「健康と美容」は永遠不滅のテーマであり、興味の対象です。
テレビ番組でも、健康・美容・ダイエットを取り扱ったものが多いですよね。

25年以上もの長きにわたり、一度も長期休養なくフラメンコ舞踊を続けている私、岡島久子。
フラメンコ舞踊が身体にもたらす効果効用
具体的にどのようにして体調体型を保っているのか?
フラメンコを演じて、観て聴いて、楽しんで得られる心の健康
少しばかりご紹介します(*‘∀‘)ノ

 

フラメンコ舞踊はこんな点で心身にGOOD!

 

有酸素運動と無酸素運動が織りまざっている
・有酸素運動:継続的に弱い負荷をかけて行う運動
 例:エアロビクスやウォーキング
・無酸素運動:瞬間的に強い力をかけて行う運動
 例:筋トレや短距離走

健康維持・ダイエットには有酸素運動と無酸素運動の両方が必要です。
フラメンコ舞踊は、初歩レッスンは有酸素運動が中心なものの、レベルアップとともに無酸素運動の比率が高くなります。
1曲踊る持久力(有酸素系)に加え、強く鋭い足の打ち込みや、キレ良く安定した回転には、アスリート同様の筋力(無酸素系)が必要という訳です。
但し、フラメンコ初心者さんのレッスンはウォーキングに近いイメージです。
まずは無理なく緩やかにスタートしましょう!

 

左右対称の身体づくりができる
左右対称は健康美の絶対条件です。歪みは大敵。
あくまで俗説ですが「医者は無意識に左右対称の結婚相手を選ぶ」らしいです。
(左右対称→ 見た目が整っている上に健康→ 種の保存に最適 と本能が働く)
フラメンコ舞踊では、左右同じ動作が必要とされます。

長年続けている私は、利き手利き足も、反対の手足も、ほぼ同じ運動能力。
運動能力が同じ=筋力が等しい ので見た目も均等に整います。
ボディバランスがいいとリンパや血の巡りも良好。
筋肉は身体を守るので、病気にかかりにくくなります。
そのせいかはわかりませんが、私は大病無縁、風邪知らずです(*^^)v

大阪京橋フラメンコライブでソレアを踊るフラメンコダンサー岡島久子の写真 大阪京橋フラメンコライブでソレアを踊るフラメンコダンサー岡島久子の足元写真

 

指先・足先までの動作と振付け習得でアンチエイジング
フラメンコ舞踊は妖艶な手指の動きが特徴的。
足は、シューズ内の足指まで使ってポジションや力加減をコントロールします。
身体の末端まで意識を行き渡らせる→ 脳を活性化します。
同時に、振付けを覚えて連続する動き=踊り にすることも、脳に程よい刺激と緊張を与えます。
健康で長生きし、‘ピンピンコロリ’を叶えましょう。
フラメンコ舞踊は「健康寿命」を長らえるのに有用です。

姿勢矯正に効果的
『岡島久子フラメンコ教室』の「受講生の声」でも歴然!
「習い始めて変わったこと」として最も多い答が「姿勢改善」です。
姿勢が良くなれば身体が整い、健康に直結する他、姿勢正しく生活することで「自信がつく」といった副産物も生まれます。
「レッスン受講生(体験者)の声」

なお、フラメンコを習うのに「柔軟性」は必需ではありません。
でも「柔軟性」あるほうが、アンチエイジングやケガ防止の一助になること、間違いありませんね。

 

身体だけでなく精神衛生にも良い
フラメンコは、スペイン南部アンダルシア地方起源の民族芸能です。
単なるエクササイズではない芸術芸能ジャンルだけに、‘楽しさ・感動・喜び・哀愁’等の「感情」が伴います。
何よりフラメンコは、‘歌・ギター・踊り’三者の「コミュニケーション」なしに成り立つものではありません。
「About フラメンコと岡島久子」

自分で演じずとも、観たり聴いたりだけで心動かされることもあるでしょう。
パソコンやスマートフォン画面に向かうことが多い昨今、自身で演じたり、観て聴いて感じたりが、一層必要ではないでしょうか。
うつ病対策などのメンタルヘルス面でも、フラメンコは効果大と感じます。

安らぎのバラの花

 

フラメンコ舞踊家 岡島久子の「体調体型管理法」

 

良し悪しは別として、岡島久子が日頃気にかけていることを以下に羅列します。
※食事については次項で述べます。

私はフラメンコダンサーとして最適な体型を保つために、過激なダイエットはしていません。
日本で言う「健康体重」程度でないと、私の傾倒する土着のフラメンコの雰囲気や表現に合わないからです。
日本では充分ポッチャリの域と思いますが、スペインでは「フラメンコはもっと太らないと、HISAKOは細すぎる!」と言われるくらい…笑
また、齢重ねて老けて見えないためには「健康体重」を保つのがベストらしいですよ(^_-)-☆

 

<家で>
*毎朝体重を計測して全身をチェックする。
*できるだけ夜12時までに寝て、7~8時間の睡眠が理想。
*むくみ防止のため、就寝時は足を高くして寝る。
*時間余裕あれば、入浴後にセルフマッサージをして滞りをなくす。
 「ReFaリファカラット」を使用
*表情筋を動かして顔トレーニング。「PAOパオ」を使用
*入浴はシャワーで済ませず、湯船につかって身体を温める。
*冬は加湿器を必ず。

<外で>
*補正下着は(ガードルなど)一切身に着けない。=自力引き締め
*チュニックなどルーズな服は着ない。=身体が怠けないように
*8センチ程度の太ヒールパンプスが基本。=美しい筋肉がつく
*片側に掛けるショルダーバッグは持たない。=歪み防止
*時間があれば徒歩移動。=ウォーキング

体重計とメジャー

 

フラメンコ舞踊家 岡島久子の「食のこだわり」

 

大袈裟かもしれませんが、人間は食事によって決まると考えています。
日々の食生活により、体組成はもちろん、色彩感覚やバランス感覚まで養われると思うのです。
岡島久子の現在の食生活はこのとおり↓↓

 

<食事回数と時間>
*朝食を抜かず1日3食+間食もするが、食べ過ぎ厳禁の腹7分目。
*多品目を少量ずつ食べる。
*外食時を除き、夕食は18時までに終了し、寝るまで何も食べない。

<体調体型維持のために>
*野菜はサラダより温野菜で。
 身体を冷やさないためにも、温かいメニューの飲食を心掛けています。
*自宅での1食で摂る炭水化物は、ご飯なら100g/パスタなら50gまで。
*アルコール:ビールは太るので飲まない。適量のワインはほぼ毎日。

<よく食べるもの>
野菜と果物
豆腐 こんにゃく 卵 鳥ささみ 魚介類
オリーブオイル はちみつ ナッツ チーズ チョコレート コーヒー

<滅多に食べないもの>
揚げ物 ラーメン スナック菓子

トマトと野菜

 

フラメンコ舞踊家 岡島久子の「目標!肉体改造」

 

私はなぜか、どんなに激しく長く踊っても息切れしないという特異体質?で、伴奏者にも驚かれています。
以前スポーツジムで、一定時間エアロバイクをこいで心拍数を測定する機会がありました。
しかし、何分こいでも心拍数が上がらず、トレーナーさんたちが寄ってたかって「機器が故障したのか?おかしい!」と騒ぎになったことがあります。笑
私がソロライブでふんだんに踊れるのも、この異常体力のおかげ。

でもそろそろ、フラメンコとは別にトレーニングやメンテナンスをしようかな… と思い始めています。
衰えの自覚がないだけに不気味というか、薄ら恐ろしいというか、そんな心持ちです。
また、何もせずにこれだけの筋力体力があるのだから、積極的に鍛えたらどうなるのか?という期待もあります。
今は、どこでどんなトレーニングorメンテナンスをしようか?と考え中。
どハマりしやすい私なので、筋肉ムキムキのボディビルダーにならないよう注意しなくては(* ´艸`)

 

フラメンコで「身体も心も美しく健やかに!人生に嬉しさ楽しさ喜びを!」

 

フラメンコの「踊り・歌・ギターを習う」楽しい 面白い 達成 自信 幸福…
フラメンコの「ライブを観賞する」「音楽を聴く」わくわくする 刺激 感動…
フラメンコは元来、老若男女問わず幅広く楽しめる大衆芸能です。
何より、フラメンコは自由です!

さあフラメンコで身体を鍛え、整え、健康美を目指しましょう。
フラメンコを楽しみ、至福の時を実感しましょう。
フラメンコで「身体も心も美しく健やかに!人生に嬉しさ楽しさ喜びを!」

 

「岡島久子のフラメンコで、わくわくドキドキ心躍る時空間を!
ご依頼・お問い合わせ、心よりお待ちしています。」

教室では「好奇心・探究心旺盛なあなたの挑戦をお待ちしています!」
岡島久子 プロフィール

大阪京橋フラメンコライブでソレアを踊るフラメンコ舞踊家岡島久子の写真 フラメンコ舞踊家岡島久子/大阪・枚方・西宮の岡島久子フラメンコ教室

 

岡島久子に『依頼する』『教室で習う』各お問い合わせは…
関連ページをご参照の上、「Contact お問い合わせ」のフォームからどうぞ!!
Homeに戻る